メールマガジン『これだけ情報源』

第一製版印刷では、皆様のビジネスに少しでも貢献できますよう、あまりにも膨大なネット情報から、名前の通りコレだけみておけば最新情報は充分、経営上必要と思われるコンテンツなどを厳選し、メールマガジンとして月に二回程度、ご希望者様に送らせていただいております。
メールマガジンの配信をご希望の方は、下のボタンから申し込みフォームへお進みください。
次回のメールマガジンより、ご登録していただいたメールアドレス宛に「これだけ情報源」をお送りさせていただきます。

『これだけ情報源』送信見本

過去にお送りしたメールマガジンの見本を掲載しています。
下記のようなメールマガジンがお送りされますので、参考にしてください。

2019.06.27これだけ情報源 Vol.94

10分でビジネストレンドがわかる!

title
これ情コラム

「本当に売れない時代が到来」

ここ数年の現象として、今までのセールス手法や広告を周到しても今までの通りの効果が出ない。
つまり売り込んでいくことが本当に困難な時代が来ているのではないかと思われます。

背景としては情報はネットから幾らでも取得できる、だから売り込み型の情報提供は面倒なだけで、
必要と感じない。延いては売り込まれることに対して極端な嫌悪感を持つようになったのだと思います。
そこで各ITベンダーや、セールスサービス会社はこぞって、営業の効率化=優良顧客の見える化を
打ち出しています。または営業そのものを代行する会社がチラホラ出てきています。

さて、ここで重要なことですが、どうやって売り込むかも大切であることは言うまでもありません。
しかしそれ以前に、お客様が何を求めているのか?お客様のご要望は何かなど徹底的に考える必要が
あるのではと感じます。

先日LOHACO(アスクル)さんが、成功事例をセミナーで講演をされてました。
現在LOHACOさんは「LOHACO EC Marketing Lab」を開設し、お客様が何を望んでいるかを
徹底調査、その結果をメーカーへフィードバックする仕組みを確立したとのこと。
そのフィードバックデータに基づいて商品開発を行い、かなりのヒット商品を創みだしています。
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000063.000021550.html

やはり如何に売り込むかではなく、如何に要望に応えるかなのだと近頃痛感しています。


information
●このメールマガジンは、株式会社第一製版印刷がメルマガの配信にご承諾いただいた方々を中心に、
皆様のビジネスに少しでも貢献できますよう溢れかえる情報の中から経営上必要と思われるコンテンツを選別し送らせて頂いております。

●配信停止のご希望は「メルマガ配信停止希望」と書いてこのメールにそのままご返信ください。

●社員様へご自由に転送ください。

●お問い合わせ、ご感想、配信アドレス変更はご用件を記載の上このメールにそのままご返信下さい。


株式会社第一製版印刷メールマガジン

発行元 株式会社第一製版印刷
Copyright ©2015-2019 D1 Seihan-P. All Rights Reserved.

第一製版印刷はクラウドマネージメント協会に加盟する和歌山県唯一の企業です。

クラウドマネージメント協会は、コミュニケーション分野において先進性があり、経営独自性のある印刷会社、広告代理店、メディア関連企業を中心に“Crowds”=「集合知」による経営課題解決を目的として設立された団体です。 第一製版印刷は、2015年このクラウドマネージメント協会に加盟しています。和歌山県では唯一の加盟企業です。
現在、北は北海道から南は沖縄まで全国70社を超える企業が参画し、コミュニケーション分野における新たなソリューションの成功事例作りや新商品の販売企画の共有・連携を行なっています。